2019 2月の一冊

NHK教育番組『ピタゴラスイッチ』や『日本のスイッチ』の企画・制作をしていた
佐藤 雅彦さんが、毎日ネット配信していたショートアニメーションの
絵コンテを書きなおして手書きのショートマンガにした本です。

意表を衝く発想を独特のタッチで長閑に描く、マンガの枠に載せた新しい笑いの実験本。

四コママンガなので、気軽にサクッと読めるし
ヒマつぶしに一つ読むのもアリだし
脱力したいとか、強張った体を緩めたいときとかに良いんではないでしょうか?

たまに、ハッとする時もあり
そこはさすが佐藤さんって感じです。